虫歯になりやすい人、なりにくい人の違いとは・・・?

こんにちは!😊
よしだ歯科歯科医師の栄田です(^^)
今日のお話は、『虫歯になりやすい人・なりにくい人』です✨

人それぞれお口のなかの環境が全然ちがうので、個人差があります‼

では、どのような人が虫歯になりやすいのでしょうか❓

 

まず一つ目は、歯並びです⭐
歯並びが悪いと、歯ブラシが届きにくい場所があるので
歯並びが良い人に比べると、虫歯のリスクが高くなります‼

 

二つ目、は唾液の分泌量です⭐
唾液の分泌が少なくなり、口の中がネバネバしてくると、
口の中が唾液で流されにくくなり、虫歯菌が増えてしまいます‼
唾液には、お口の中をキレイにしてくれる役割もあるのですよ😆🎶

 

三つ目は、咬み合わせです⭐
特定の歯に負担がかかることで、通常より強い力が歯の表面にかかるので
エナメル質に細かいひび割れが生じ、そこから虫歯になることがあります‼
歯と歯茎の境目に虫歯があったり、
歯がえぐれた形をしてるのは、噛み合わせが影響してる可能性があります‼

 

その他、生活習慣・歯磨きの仕方・食生活・歯の形態
などによっても虫歯のリスクが高くなります‼

 

また、虫歯予防に大事なこと‼

それは、虫歯予防には寝る前の歯磨きに加えて

間食の回数を減らすことです‼
特に夜寝る前の間食をできるだけ避けることをおススメします‼

また、虫歯は早期発見することが大事で

痛みがでてからだと遅いのです😟

ですので、みなさま

定期的に歯医者さんに行きましょうね!☺💕

箕面の歯医者ならよしだ歯科 TOPへ戻る