痛くない歯の治療☆無痛治療の取り組み

 

こんにちは 歯科医師の栄田です
本日は、無痛治療について・麻酔のお話をしますね
 

無痛治療について

よしだ歯科では、痛くない治療に努めています。

そこで、虫歯治療のほとんどに必要となる麻酔ですが

必要と分かっていても少し身構えてしましますよね
その理由として・・・

「針を刺すのが痛い」

麻酔したあとのはれぼったいのが苦手」

「麻酔の液が苦い」など、様々あると思います。

当院ではそんな麻酔に対して、

なんとか患者様の負担にならないように色々工夫しております。

 

痛みを軽減する為の取り組み

・針を刺す前に、表面麻酔薬を塗る
・麻酔薬を、体温に近く温めておく保温器を使用
・できる限り、細い注射針を使用
・電動注射器を使用して、針を刺す時の圧力を軽減

 

はれぼったい感じが苦手な方への取り組み

・極力、作用時間の短い麻酔薬を使用

 

苦みが苦手な方への取り組み

・助手さんにバキュームで吸引し、口の中へ垂れないよう努める

 

 

当院では痛みがあるままでの治療は行いません。

よく耳にする、「痛かったら手あげて下さい」

という患者様のサインを見逃しません。

必ず麻酔の追加などをして無痛治療を心がけております。

 

当医院では、カウンセリングを行う等

患者様に寄り添った医院を目指しています。

痛みや、麻酔が苦手な方も安心してお越し下さいね
箕面の歯医者ならよしだ歯科 TOPへ戻る