以外と知らない!くいしばりの種類について

こんにちは歯科衛生士の中谷です。
最近寒暖差が大きいですがいかがお過ごしでしょうか?

今日は私も愛用して2年が経つマウスピース(ナイトガード)について書きたいと思います!\(^^)/

マウスピース(ナイトガード)について


まずマウスピースを使う効果についてですが
歯ぎしりが抑えられる事が大きいです。
歯ぎしりと言っても必ず音が鳴る訳ではありません。

大きく分けて3つに分かれます。

歯ぎしりの種類

1グライディング

顎を大きくスライドさせること。

2タッピング

タッピングとはカチカチカチと歯を小刻みに噛み合わせること。

3クレンチング

歯ぎしりの中でも一番気づかれにくく、

治療も遅れてしまうのがクレンチングです。

クレンチングはいわゆる食いしばりの状態。

歯ぎしりにはこんなに沢山の種類があります!

ご自身で当てはまるものはありましたか?

 

マウスピースを使うメリット

日中の起きている事は

意識的に歯ぎしりをやめる事ができます。

しかし、夜間の歯ぎしりは無意識のため、

さまざまなデメリットが生じます。

そんな人には「マウスピース」を使用することをお勧めします!

 

歯のすり減りを抑える

マウスピースを装着していることで、歯のすり減りを抑えられます。

歯ぎしりしようとしても接触するのは

上のマウスピースと下の歯だけです。

マウスピースがすり減るので

歯に直接ダメージが届くことはありません。

これにより、歯が擦れあっていた

「ぎりぎり」という不快な音も軽減されます

 

顎への負担が軽減される

次に「顎への負担が軽減される」という効果です。

マウスピースのゴムによって、歯ぎしりによる衝撃を緩和しています。

40~60kgという負荷を軽減してくれるため、

顎への負担も軽減されることになります。

顎関節症や顎の症状の発生を予防することができます。

 

リラックス効果

マウスピースによって得られる他の効果として
「リラックスできる」ということです。

なぜマウスピースでリラックスできるのかと言えば、

マウスピースの効果を知ることで

「こんな効果を得られるから安心」と考えるようになります。

これによってストレスから解放され、

リラックした状態でしっかりと眠ることができます。

 

筋肉の緊張を和らげる

他には「筋肉の緊張を和らげる」ということがあります。

歯ぎしりしているときは、

口元や顎の筋肉が緊張して硬くなってしまいます。

マウスピースを装着すると、

噛み合わせる時に上下の歯が離れた状態になります。

これによって歯に力を入れることができず、

筋肉の緊張も和らげることができるのです。

 

 

日本人の9割が歯ぎしりをしていると言われています!

皆さんもぜひマウスピースで快適な生活を取り戻してくださいね🎵

またボトックス治療もよしだ歯科ではしています!

ホームページまたは

ブログでは2/23日に投稿がありますので合わせてご覧下さい😊

詳しくはスタッフまでお気軽にお声掛け下さい(о´∀`о)

最後まで読んで頂きありがとうございました!

箕面の歯医者ならよしだ歯科 TOPへ戻る